2024-05-24 04:54:43 更新

【2024年最新】滋賀県で外壁塗装の助成金がでる市区町村一覧

【2024年最新】滋賀県で外壁塗装の助成金がでる市区町村一覧
編集者プロフィール
輿石 雅志
1972年生まれ。早稲田大学理工学部応用化学科卒業。40万人以上の方が利用している国内最大級のマッチングプラットフォームを提供する外壁塗装に特化した無料相談サイト「外壁塗装の窓口」を運営。著書に「マイホームの外壁塗装 完全成功読本」(幻冬舎出版)。
詳細を見る

滋賀県では、外壁塗装に利用できる助成金が13個存在します。これらの助成金を利用することで、工事費用が最大210万円程度安くなる可能性があります。滋賀県内で助成金が提供されている市区町村の詳細なリストを提供し、助成金が適用されない場合の重要な注意点についても説明します。さらに、助成金が適用されないエリアにおいても、外壁塗装を低コストで実施する方法を紹介します。

外壁塗装の助成金に関する詳しい解説はこちら

目次閉じる

滋賀県の外壁塗装助成金情報

滋賀県で外壁塗装の助成金を受け取るための条件

滋賀県の外壁塗装助成金の申請から受け取りまでの流れ

滋賀県で助成金以外で外壁塗装を安くする方法

滋賀県の外壁塗装助成金についてのまとめ

滋賀県の外壁塗装助成金情報

1.滋賀県で外壁塗装の助成金が適用される市区町村一覧

大津市の外壁塗装助成金制度

制度名 定住促進リフォーム助成金
受付期間 2023/4/20(木)~2023/12/28(木)
助成金額 費用の10%(上限30万円)
支給条件 「市外からの転入世帯」または「転入を受け入れる親世帯」であること
工事費用が税込20万円以上であること
5年以上定住する意思があること
市内業者を利用すること 等
助成対象工事 屋根、外壁等の外装工事
床、天井等の内装工事
トイレ、台所、浴室等の水周りの改修
手すりの設置や段差解消工事 等
問合せ先 大津市役所 都市計画部 空家対策推進室
滋賀県大津市御陵町3-1 3階
TEL:077-528-2899

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

彦根市の外壁塗装助成金制度

制度名 地域経済対策リフォーム事業
受付期間 2023/4/3(月)~2023/7/31(月)(先着)
助成金額 費用の10%(上限10万円)
支給条件 市内に本社がある業者を利用すること
工事費用が税込20万円以上であること
市内の住宅に居住し、その場所に住民登録をしていること
市税、固定資産税の滞納がないこと 等
助成対象工事 屋根・外壁塗装、防水加工、雨樋交換
玄関、廊下、階段、部屋の改修
防犯対策工事
省エネ対策工事 等
問合せ先 彦根市役所 産業部 地域経済振興課
滋賀県彦根市元町4-2 彦根市役所3階30番
TEL:0749-30-6119

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

長浜市の外壁塗装助成金制度

制度名 定住住宅改修促進事業助成金
受付期間 2023/4/3(月)~予算終了まで(先着)
助成金額 費用の10%~17%(上限20万円~100万円)
支給条件 申請者が45歳未満かつ市内に転入・転居すること
世帯全員の所得が合計1,200万円以下であること
市内業者を利用して施工すること
工事費用が税抜30万円以上であること 等
助成対象工事 中古住宅を購入して住むためのリフォーム
実家に親族と同居するためのリフォーム
問合せ先 長浜市役所 建設部住宅課
滋賀県長浜市八幡東町632
TEL:0749-65-6533

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

近江八幡市の外壁塗装助成金制度

制度名 地域経済活性化リフォーム促進事業
受付期間 2023/5/15(月)~2023/6/16(金)(抽選)
助成金額 費用の15%(上限30万円)
支給条件 年度頭の4月1日以前から近江八幡市に住民登録があること
工事費用が税込10万円以上であること
市内に本社がある法人か、市内の個人事業主が施工すること
工事は交付決定日以降に着手し、同年度の2月28日までに完了すること 等
助成対象工事 外壁塗装、張り替え、防水工事
屋根葺き替え、塗装、防水工事
床、内壁、天井の張り替え、塗装工事
断熱工事(断熱材施工や二重サッシ、二重窓等) 等
問合せ先 産業経済部 商工労政課
滋賀県近江八幡市安土町小中1-8
TEL:0748-36-5517

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

栗東市の外壁塗装助成金制度

制度名 子育て・若年世帯空き家リノベーション事業
受付期間 不明
助成金額 費用の66%(上限60万円~120万円)
支給条件 「中学生以下の子がいる」か「構成者が40歳未満」の世帯であること
空き家バンクを通じて取得した空き家等であること
市内業者を利用すること
年度内に終了する工事であること 等
助成対象工事 内装、外装等の改修
主要構造部、トイレ、浴室、台所、居室の改修
問合せ先 栗東市役所 住宅課 住宅係
滋賀県栗東市安養寺一丁目13-33 栗東市役所2階
TEL:077-551-0347

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

甲賀市の外壁塗装助成金制度

制度名 子育て応援・定住促進リフォーム事業助成制度
受付期間 2023/4/17(月)~2023/5/31(水)(抽選)
助成金額 費用の20%~50%(上限10万円~210万円)
支給条件 市内業者を利用すること
  工事費用が10万円以上であること
  過去に住宅リフォーム助成を受けていないこと
  市税等の滞納がないこと 等
助成対象工事 屋根、外壁、軒天の改修、塗装、コーキング
ガラス、網戸、サッシ、雨樋の取替
ソーラーシステムの設置
耐震・バリアフリーの改修 等
問合せ先 甲賀市役所 商工労政課
滋賀県甲賀市水口町水口6053番地
TEL:0748-69-2188

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

東近江市の外壁塗装助成金制度

制度名 市民定住住宅リフォーム事業
受付期間 2023/6/1(木)~2023/6/21(水)(抽選)
助成金額 費用の10%(上限15万円)
支給条件 市内に住民票を有し、現に居住していること
市内業者を利用すること
施工費用が税込50万円以上であること
同年度の2月末までに完了する工事であること 等
助成対象工事 外壁の塗装工事
屋根・瓦の改修工事
手すりの設置や段差解消工事
床・壁・天井等の張り替え 等
問合せ先 東近江市役所 都市整備部 住宅課
滋賀県東近江市八日市緑町10-5
TEL:0748-24-5652

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

米原市の外壁塗装助成金制度

制度名 びわ湖の素・米原 住宅リフォーム助成金
受付期間 2023/4/1(土)~2024/3/31(日)(先着)
助成金額 10万円~15万円
支給条件 申請者が市民または市民になる予定であること
市内業者を利用すること
工事費用が100万円以上であること
市税等の滞納がないこと 等
助成対象工事 外壁の張り替えや塗装工事
屋根の葺き替え、塗装、防水工事
電気設備、ガス設備工事
浴室、キッチン、洗面室、トイレのリフォーム 等
問合せ先 米原市役所 経済振興局 農政商工課
滋賀県米原市米原1016
TEL:0749-53-5146

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

日野町の外壁塗装助成金制度

制度名 住宅リフォーム等促進事業助成金
受付期間 2023/4/1(土)~予算終了まで(先着)
助成金額 費用の10%~20%(上限10万円~20万円)
支給条件 町民が所有し、現居している住宅のリフォームであること
町内に本社がある業者等を利用すること
施工費用が20万円以上であること
交付決定後に着工すること 等
助成対象工事 外壁の張替えや塗装工事
屋根の葺き替え、塗装、防水工事
雨樋等の取替えや修理
床、壁、窓、天井、屋根の断熱改修工事 等
問合せ先 日野町役場 商工観光課 商工観光担当
滋賀県蒲生郡日野町河原1-1
TEL:0748-52-6562

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

竜王町の外壁塗装助成金制度

制度名 若者定住のための住まい助成金
受付期間 2023/4/3(月)~2024/1/31(水)(先着)
助成金額 費用の20%(上限4万円~50万円)
支給条件 「40歳未満の町民もしくは転入予定者」か「18歳以下の子がいる世帯」であること
助成を受けた住宅に5年以上居住すること
着工前に申請すること
申請した年度中に工事が終わること 等
助成対象工事 住宅の修繕、改善、補修および模様替え
住宅の新築および増築
防犯機能の付与または設置
公共下水道への接続に伴う宅内の工事 等
問合せ先 竜王町役場 建設計画課
滋賀県竜王町大字小口3
TEL:0748-58-3716

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

愛知郡愛荘町の外壁塗装助成金制度

制度名 住宅省エネ等改修助成事業
受付期間 2023/5/8(月)~2024/1/31(水)(先着)
助成金額 費用の20%(上限20万円)
支給条件 省エネリフォームを行うこと
町内の施工業者を利用すること
工事費用が税込20万円以上であること
交付決定を受けてから着手すること 等
助成対象工事 屋根の遮熱塗装
外壁・屋根・天井または床の断熱改修
窓の断熱改修工事
創エネ機器の設置 等
問合せ先 愛荘町役場 秦荘庁舎 商工観光課
滋賀県愛知郡愛荘町安孫子825
TEL:0749-37-8057

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

犬上郡豊郷町の外壁塗装助成金制度

制度名 住宅リフォーム等助成金事
受付期間 2023/4/11(火)~予算終了まで(先着)
助成金額 費用の33%(上限20万円)
支給条件 町民が現居している住宅の工事であること
町内に事業所のある施工業者を利用すること
工事費用が税込30万円以上であること
交付決定を受けてから着手すること 等
助成対象工事 修繕、改修、補修、模様替え工事
太陽光発電システムの設置(別枠)
問合せ先 豊郷町役場 地域整備課
滋賀県犬上郡豊郷町石畑375
TEL:0749-35-8121

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

犬上郡多賀町の外壁塗装助成金制度

制度名 住宅リフォーム促進事業助成金
受付期間 2023/4/1(土)~予算終了まで(先着)
助成金額 費用の10%(上限20万円)
支給条件 町内業者を利用すること
工事費用が50万円以上であること
同じ工事で他の助成等を同時申請していないこと
別荘や賃貸用物件ではないこと 等
助成対象工事 壁紙の張り替え、外壁の塗り替え等、住宅の模様替え
老朽化、災害等による住宅の修繕
防犯設備や機能の付与および強化
段差の解消、手すりの設置 等
問合せ先 多賀町役場 産業環境課 商工観光係
滋賀県犬上郡多賀町多賀324 1階
TEL:0749-48-8118

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

滋賀県の市町村と、外壁塗装を対象にした助成制度の有無をまとめています。
塗装を対象とした制度があっても、特殊条件がある場合がありますので、お気をつけください。

2.滋賀県で外壁塗装の助成金がない市区町村一覧


滋賀県の下記の市区町村では現在、外壁塗装の助成金制度はありません。
最新の情報については下記の市区町村の役所情報を元にご確認ください。

甲良町
問い合わせ先 甲良町役場犬上郡甲良町大字在士353-1電話:0749-38-3311
公式ホームページ https://www.city.koka.lg.jp/11441.htm
湖南市
問い合わせ先 湖南市役所湖南市中央1-1電話:0748-72-1290
公式ホームページ https://www.city.shiga-konan.lg.jp/
守山市
問い合わせ先 守山市役所守山市吉身2-5-22電話:077-583-2525
公式ホームページ https://www.city.moriyama.lg.jp/

滋賀県で外壁塗装の助成金を受け取るための条件

自治体ごとに異なる助成金の条件には共通の傾向が見られます。特に注意すべきポイントは次のとおりです。

  • 申請は受付期間内かつ工事開始前に行う必要があります。
  • 市町村が指定する業者を用いて工事を行うこと。
  • 必要な書類を準備すること。
  • 税金の滞納がないこと。

また、助成金の予算が設定されている場合、予算が尽き次第申請は終了します。

申請時には見積もり書が必要なことが多く、多くの自治体は市町村内の業者による工事を条件としているため、申請前に地元の業者から見積もりを取ることが推奨されます。

さらに、一部の制度では外壁塗装のみでは不十分で、「屋根の遮熱塗装のみ対象」といった特別な条件を設けている自治体もあるため、具体的な条件を確認することが重要です。

滋賀県の外壁塗装助成金の申請から受け取りまでの流れ

① 外壁塗装の見積もりを依頼する

•   重要性:外壁塗装の助成金申請には見積もり書のコピーが必要です。

•   早期行動:助成金の申請期間が限られているため、早めに見積もりを取ることが重要です。

② 外壁塗装の助成金を申請する

•   事前相談の必要性:一部の市区町村では書類提出前の事前相談が必要です。

•   必要書類

  1. 助成金申請書
  2. 見積書
  3. 本人確認書類(例:住民票、運転免許証、個人番号カード)
  4. 前年度分の市税納税証明書
  5. 登記事項証明書
  6. 平面図・立面図
  7. 委任状:第三者が申請を行う場合は委任状が必要です。

•   申請タイミング:通常は工事着工前に申請しますが、地域によって異なる場合があります。

③ 審査結果の連絡が届く

•   期間:審査結果は通常2週間から1ヶ月前後で通知されます。

④ 外壁塗装の工事開始

•   工事中の要件:一部の自治体では工事中の写真が必要な場合があります。

⑤ 作業実績報告書・請求書の提出

•   書類提出:作業実績報告書や請求書を提出する必要があります。

•   提出タイミング:作業前後の2回にわたる書類の提出が一般的です。

⑥ 助成金交付・金額決定の連絡が届き、助成金を受け取る

•   交付プロセス:助成金の交付や金額が決定してから2週間から1ヶ月程度で指定口座に振り込まれます。

このプロセスに従って助成金の申請を行うことで、外壁塗装のコストを節約することが可能です。ただし、具体的な条件や必要書類は自治体によって異なるため、詳細は各自治体の指示に従ってください。

滋賀県で助成金以外で外壁塗装を安くする方法

下記の方法は、外壁塗装にかかる費用を大幅に削減することができます。しかし、各方法にはそれぞれの利点と欠点があるため、自分の状況に合った最適な選択を行うことが重要です。例えば、塗料のグレードを下げることでコストを削減できますが、耐久性や見た目に影響が出る可能性もあります。また、助成金の利用や相見積もりは、手間や時間を要する場合がありますが、結果として大きな節約につながることが多いです。

手法一覧 想定節約額
ハウスメーカーではなく地元業者に依頼 約30~40万円の節約が可能。
外壁と屋根を同時に塗装 約15~20万円の節約が見込めます。
塗料のグレードを下げる 約15万円の節約が可能。
現金一括で支払う 約10~15万円の節約が見込めます。
住宅ローン減税を利用 約10万円の節約が可能です。
相見積もりをとる 約3~10万円の節約が見込めます。
不要な作業を断る 約5万円の節約が可能です。
夏や冬に塗装する 約5万円の節約が見込めます。
値引き交渉する 約3~5万円の節約が可能です。
風災が原因の場合、火災保険で直す 節約額は認定額により異なります。

関連記事:外壁塗装を安く依頼する12のコツ!費用相場よりも割安に工事するには

1.滋賀県の地元業者に外壁塗装を依頼する

コスト削減: ハウスメーカーや大手リフォーム会社に比べ、地元の業者は広告費や販管費が抑えられています。このため、同じ品質のサービスでもより手頃な価格で提供されることが一般的です。例えば、地元業者を利用することで、平均して約30~40万円程度のコスト削減が可能となるケースがあります。


選び方のポイント: 地元業者を選ぶ際には、その業者の評判、実績、過去の施工例を事前に調べることが重要です。複数の業者から見積もりを取ることで、適正な価格で高品質なサービスを得ることができます。

関連記事:優良な外壁塗装業者の選び方を解説!警戒すべき悪徳業者の見極め方とは

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

2.外壁と屋根を同時に塗装する

コスト効率の向上: 外壁と屋根を同時に塗装することで、足場設置と解体のコストを大幅に削減できます。これらは塗装工事の大きな費用要素であり、一度に済ませることで全体的な費用を低減します。

工事期間の短縮: 両方を一緒に施工することにより、工事期間全体を短くすることが可能です。個別に施工すると、それぞれの作業で不便な期間が長引く可能性がありますが、同時施工ならその不便を最小限に抑えられます。 

関連記事:【2024年版】外壁塗装の費用相場はいくら?10坪〜100坪の適正価格と安く抑えるコツ

関連記事:屋根塗装の相場は40〜80万円が目安!坪数ごとの費用や内訳、安く抑えるコツを紹介

3.塗料のグレードを下げる

外壁塗装で塗料のグレードを下げるとは、高価な塗料ではなく、コストパフォーマンスに優れた一般的な塗料を選択することを意味します。以下の点に注意して選択を行います:

塗料の種類: 高級塗料(例:フッ素塗料や無機塗料)は耐久性や耐候性に優れるものの、価格が高めです。一方、シリコン系やアクリル系塗料はより安価で、それなりの耐久性を提供します。

コスト削減: 高級塗料に比べ、シリコン系などの一般的な塗料を使用することで、塗装費用を約15万円程度削減できるとされています。

耐久性とコストのバランス: 塗料を選ぶ際は、耐久性とコストのバランスを考慮することが重要です。長期的な耐久性が優先される場合、高価格ながら高級塗料の選択が適切な場合もあります。

塗料のグレードを下げる際は、建物の状態や地域の気候条件、予算を総合的に考慮する必要があります。最適な塗料を選択するためには、専門の業者との相談が推奨されます。

関連記事:外壁塗装の塗料4種類の選び方を解説!相場・耐用年数から最適な塗料を選ぼう

4.「現金一括」で支払い外壁塗装の費用節約

外壁塗装の費用を現金一括で支払う方法は、塗装業者に対して一括で現金払いを行うことで、値引きや特典を受ける手段です。この方法の主な特徴は以下の通りです:

値引きの可能性: 現金一括払いは業者にとって手数料や金融コストがかからないため、値引きに応じやすくなります。

金額メリット: この方法を利用することで、約10~15万円の節約が見込まれます。

交渉の余地: 現金一括払いの提案時には、事前に業者と交渉し、どの程度の値引きが可能かを確認することが大切です。

ただし100万円前後の多額を一括で支払うのはご家庭によっては難しい場合もあります。現金一括払いの場合は、生活を圧迫しない程度に無理なくご選択ください。

5.住宅ローン減税を利用した外壁塗装などのリフォーム費用節約

「住宅ローン減税」とは、リフォーム時に住宅ローンを使用し、その利子に対する税金を控除する制度です。この制度を活用することで、実質的なリフォーム費用の節約が期待できます。

減税の対象: リフォームにかかる住宅ローンの利子部分が減税の対象となります。

節約金額: この方法による節約額は、約10万円程度が見込めます。

申請要件: 減税を受けるためには、税務署に申請し、一定の要件を満たす必要があります。

注意点: すべてのリフォームが減税の対象になるわけではないため、事前に適用条件を確認し、自身のリフォームが条件に合致しているかを検証することが重要です。

住宅ローン減税の具体的な適用条件や手続き方法については、税務署や金融機関、専門家への相談が推奨されます。

関連記事:外壁塗装でローンを組むメリット・デメリット解説!注意点や負担を抑える減税制度も

6.外壁塗装の相見積もりをとる

「相見積もり」とは、外壁塗装における複数の業者から見積もりを取り、それらを比較検討する行為を指します。この方法の主な目的は、異なる業者の提案内容と価格を比較して、最も適切なサービスを最適な価格で受けるためです。相見積もりを取ることの主なメリットは以下の通りです:

価格の比較: 複数の業者から見積もりを比較することで、市場価格を理解し、過剰な費用を避けることができます。

サービス内容の比較: 各見積もりに記載された塗料の種類、施工範囲、追加費用などを比較することで、業者ごとのサービスの質を把握できます。

価格交渉の余地: 複数の見積もりを持っていると、希望する業者に他社の見積もりを元に価格交渉を行うことが可能になります。

節約効果: 相見積もりを取ることにより、約3~10万円の節約が見込めます。

業者の選定: 異なる業者の提案内容を比較することで、自宅の状況に最適な業者を選ぶことができます。

相見積もりを取る際には、見積もり内容の詳細さ、追加費用の有無、業者の評判や実績を確認することが重要です。また、価格だけでなく、コストパフォーマンスを総合的に考慮して業者を選ぶことが推奨されます。

関連記事:外壁塗装の見積もりは何社取れば良い?見積書のチェックポイントと費用相場を解説

関連記事:外壁塗装では相見積もりが不可欠!費用を抑えて信頼できる業者を選ぶためのポイント

市区町村を選ぶだけで助成金が残っているかを確認できます

7.外壁塗装における不要な作業を断る

外壁塗装の不要な作業を断ると、見積もりや工事プランに含まれる必要のない作業を除外することができます。以下の点を考慮して不要な作業を断りましょう:

詳細な見積もりの確認: 見積もりに記載された塗装範囲、使用塗料、付帯作業などを慎重に確認し、必要性を検討します。

不要な作業の特定: 例えば、雨樋の塗装や細部の修繕など、現在の建物状態や予算に応じて不要と判断される作業を特定し、これらを削減または排除します。

業者とのコミュニケーション: 不要と判断した作業については、業者と相談し、見積もりからの除外を依頼します。業者との適切なコミュニケーションが重要です。

節約効果: 不要な作業を断ることで、約5万円の節約が見込めます。

品質への影響の検討: コスト削減が重要ですが、必要な作業の削減が建物の品質や長期的耐久性に影響しないよう検討が必要です。

不要な作業を断る際には、建物の現状、予算、長期的なメンテナンス計画を総合的に考慮し、専門家の意見も参考にしながら適切な判断を行うことが推奨されます。

8.夏季または冬季に外壁塗装を行う

塗装業者のオフシーズンである夏季または冬季に外壁塗装の作業を行うことで以下のような特定のメリットがあります。

業者の空き状況: 春や秋は塗装需要が高く、業者が忙しいです。しかし、夏や冬は依頼が少ないため、業者が比較的空いており、スケジュールの調整がしやすくなります。

価格交渉の余地: 夏や冬は業者が暇な時期であることから、仕事を確保するために価格交渉に応じやすくなります。これにより、通常よりも安価で塗装工事を依頼できる可能性が高まります。

節約効果: この時期に塗装を行うことで、約5万円の節約が見込めます。

夏や冬に塗装を行う際には、塗料の乾燥時間や気候の影響を考慮し、業者と十分に相談することが重要です。また、価格交渉の余地を活用しつつ、工事の品質も確保することが肝要です。

関連記事:外壁塗装に適した時期とは?季節ごとのメリットと塗り替え周期も解説

9.外壁塗装における値引き交渉

外壁塗装工事の見積もり金額を業者と交渉して値下げを図るポイントは以下の通りです。
見積もりの精査: 提出された見積もりを詳細にチェックし、不明瞭な費用や必要以上に高い項目がないかを確認します。

市場価格の把握: 同様のサービスの市場価格を理解することが重要です。これは、他の業者からの相見積もりを取得することで可能になります。

交渉の理由: 値引き交渉時には、他社の見積もりが安かった、予算に合わせてほしいなど、具体的な理由を明確に提示します。

交渉の範囲: 値引き要求はリーズナブルな範囲に留めます。過度な要求は業者の作業品質に悪影響を及ぼす可能性があります。

節約効果: この方法によって約3~5万円の節約が見込めます。

値引き交渉は、外壁塗装の総費用を低減する効果的な手段ですが、品質を犠牲にしない範囲内で行う必要があります。また、契約内容には合意されたすべての点を反映させ、契約書に記載することが重要です。

10.風災による外壁塗装損害を火災保険で補償する

風災などの自然災害により外壁塗装が必要になった際に、火災保険の適用を受けて修理費用を補償してもらう方法です。この方法を利用する際のステップと注意点は以下の通りです。

保険契約の確認: 加入している火災保険の契約内容を確認し、風災による損害が補償対象であるかを確認します。どのような損害がカバーされるかを理解することが重要です。

損害の報告: 風災による損害が発生した場合は、速やかに保険会社に連絡し、損害を報告します。損害状況を正確に伝える必要があります。

損害査定: 保険会社から派遣された査定士が損害状況を確認し、補償額を算出します。査定は保険会社の基準に基づいて行われます。

補償の申請: 損害査定後、適切な補償を保険会社に申請します。必要書類の提出が必要な場合もあります。

修理工事: 保険金が支払われたら、修理業者に依頼して修理工事を実施します。保険金を利用する場合は、契約内容に基づく工事内容を確認します。

節約効果: 節約額は保険の認定額により異なり、一部または全額が補償される可能性があります。

風災による損害が火災保険でカバーされるかは、保険契約の内容によります。具体的な補償内容や手続きは、保険会社に直接確認することが確実です。修理工事を行う際には、保険会社との調整を行い、契約範囲内で作業を進めることが重要です。

関連記事:外壁塗装で火災保険が適用される4つの条件とは?費用を抑えた工事のコツ

滋賀県の外壁塗装助成金についてのまとめ

この記事では、滋賀県での外壁塗装助成金に関する重要な情報と、申請する際の注意点を解説しました。外壁塗装や補修を考えている方は、コスト面で有利な地元の施工業者を選ぶことをお勧めします。また、このページを通じて、あなたの家のリフォームに適した金額をチェックし、業者からの見積もりを取得することも可能です。

外壁塗装で助成金を受ける条件

一般的な条件としては、塗装の着工前に申請し、市区町村内の中小業者で施工をすることが挙げられます。詳細は「外壁塗装で助成金を受けるための条件」をご確認ください。

助成金の申請プロセス

通常は「見積もり依頼」→「必要書類入手」→「申請」→「審査結果の連絡」→「着工」→「実績報告」という流れです。詳細は「滋賀県の外壁塗装助成金の申請の流れ」をご覧ください。

記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。滋賀県での外壁塗装計画にお役立ていただければ幸いです。

外壁塗装の窓口で相場チェックしてみませんか?
ページトップ